<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
1017-18 ふもとっぱらCAMP
a0112448_1053666.jpg
a0112448_10532335.jpg
a0112448_10533973.jpg
a0112448_10535416.jpg
a0112448_1054612.jpg


今年4回目のふもとっぱら
区画されていない開放感あふれるキャンプ場です
涼しくなったせいか、ブヨ系の虫がいなくなり更に快適になりました

今年あと一回くらい行きたいな〜
[PR]
by mt_hanter | 2009-10-25 10:59 | camp
クライミングにココロ奪われる今日この頃
a0112448_155238.jpg
ハマっています
ホントはロープがやりたんだけど、平日はビレイ相手がいないからボルダリングでカラダつくり!なんて思っていたらボルダリングにもハマりました。現在週7筋肉痛。

きっかけはこの前のPUMP2。完全にスイッチが入った。

リードもやりたかったけどロープの貸出は安全上の問題でやってない。こりゃポチるしかねぇ!ってことで他のクライミング用具も含めいろいろと物色中。
ここ2,3日クライミングギアをカートに入れては出したり、出しては入れたりの繰り返し。










いま欲しいもの

まずハーネス。無難にBlack Diamondのハーネスにしようと思いつつもアークのハーネスが頭から離れない。アーク製品はすごいコンパクトになるみたい。おまけに沢でもアイスでも使えそう。アノ方も『アーク以外ありえないっしょ』と大絶賛。仕事帰りに行くにはもってこいのメリットなんですよね。
で、コレにしようかなと

Arcteryx/R-320
a0112448_1582324.jpg

やはり命を預けるギアになりますので耐久性に優れたモノがいいですよね。なので最軽量のハーネスはパス。
アイスクライミングはやる予定がないのでレッグループの調節も特に必要ないと思います。




続いてロープ。コレに関しては全く知識がない上に各社いろいろなロープがありすぎて混乱している。
使えやすい長さは? 初心者は10.5mm? ドライコーティングはマスト? 調べていくうちに疑問がドンドン増えていく。
で、会社の近くあるマムートshopの店員さんにアレコレ教えて頂いているうちに ”ロープはマムート!“ と吹き込まれる。しかし満更でもなくwebでの評判もいいんですよね。もともとロープ屋ってところにも説得力あるし。
で、候補はこちら

Mammut Eiger 10.5mm x 60m Rope
a0112448_1592475.jpg

10.5mm×60mでコーテング加工なし。
ジムや天気の良い日に外で使う分にはコーティングがなくてもOKみたいです。安い!!






Mammut Matterhorn 10.2mm x 60m Dry Rope
a0112448_20106.jpg

Eigerより径は少し細くなるがトップロープにも使えるとの事。
リード中心のクライミングなら軽い方がいいらしいですよ。はいリードやった事ありませんが。
こちらはドライコーティングされています。なんでもロープは“砂、紫外線、水”から守る事が長持ちさせるのポイントみたいです。



スリング、カラビナ類も必要かな?エイト環は買わなきゃな。デイジーチェーンとかいるの??あぁ何をどれくらい買えばよいのかわからない…
ジムでやるならヌンチャクとか必要ないけど今後必要になると思うしいくつか買っておこっと。
あーヘルメットも買わなきゃ!!だよね??

余談なんですけど雑誌に載っているクライマーの皆さんってヘルメットしている人少なくないですか?あれはある意味「クライミングにはメット必要なし」って刷り込みですよ。そりゃプロの皆さんには必要ないと思いますが初心者の方が見たら勘違いすると思うんですよね。プライドがあるのも分かりますが、「いいから被っとけよ!」って思うのはワタシだけでしょうか。はいそうですか。で、最終確認。ヘルメットって必要なんですよね??



a0112448_254167.jpg
そしてクラッシュパッド。コレに関しては大きいし嵩張るので現地レンタルで凌ぎたいところ。あんなデカいの持って電車移動とか考えられない。
でも御岳周辺でパッドのレンタルやっているお店って週末借りれないんです。朝イチで全部なくなってしまうらしい。買うしかないんすか…

ORGANICのクラッシュパッドはハンドメイドなのがいいですね。多少のわがままオーダーなら受けてくれるのかしら?
クライミングジムに時々置いてあるけど日本の代理店はないみたい。
送料いくらかかるんだろ?あぁチョークバックも欲しいよ。






てことで今週末はいよいよロープクライミング外岩デビュー@広沢寺
楽しみなのやら恐ろしいのやら…
[PR]
by mt_hanter | 2009-10-23 02:06 | climb
雲ノ平 #3
3日目
a0112448_2235365.jpg


0400起床
まわりがバタバタし始めたので目が覚めた。幕が邪魔くさいので取っ払って2度寝。
0530ふたたび起床


余談
Getewoodcapeは幕体を備え付けのポケットに収納できるところが一番気に入っている。20秒もあれば収納完了。
ザックはGG/Virga。大きいのでインサレーションやシュラフをコンプレッションなしでぐいぐい押し込める。こちらも20秒で収納完了。
撤収でラクしたいんです。コレ、自分にとっては重要なポイント。



0630 出発 
a0112448_22212292.jpg

天気は悪い。ガスが濃い。いつ雨になってもおかしくない状態。
サクサクと黒部五郎のピークを目指す。なにせ今日は寿司だ。足取りも軽い。

しかし…
気温8℃+雨+風でココロと体が冷える。レインパンツを持ってきていないのでズブ濡れ下半身の冷え込みがキツい。
撥水パンツでも穿いていたら状況は変わっていたかもしれない。ウインドパンツでもよかった。完全な油断。

 
どうしよう?次の小屋のある太郎平まで3時間くらいある。いっその事ダウンパンツでも穿いてやるか!?などといろいろ考えたが、とりあえずモンベル/ジオラインの上だけ着て行動開始。幾分あたたまる。とりあえずコレで行ってみよう。
その後は小雨がガスに変わり、風も落ち着いたので何とかなった。
9月のアルプスは夏山の延長線上くらいにしか考えていなかった。前日までは暑いくらいだったのに、牙を剥くとココは東京の冬より寒い。ナメてるとやられる。

その後はずっとこんな感じ
a0112448_2238416.jpg


1100 太郎平小屋着 
ここでwander&toriペアと再会。大盛りラーメンで身もココロも暖まる。でも生麺ではなかった。

1200 太郎平出発  ここからは楽しくハイキング
 
a0112448_2335612.jpg

 
1400 折立下山
a0112448_2364426.jpg


さーて寿司寿司。
[PR]
by mt_hanter | 2009-10-07 23:20 | hike
雲ノ平 #2
2日目
a0112448_10414287.jpg


630起床
やな先輩はもう発ったみたいだ。
 
ダラダラと過ごし、8時くらいから朝めしを食う。
食いながら行き先を考える。行き先はまだ決めていない。
 
さてどこに行こう。
高天原温泉?ん〜悩ましい。
 
 
結論。当初3泊4日の予定だったが、下山後の行動を充実させたいので2泊3日で切り上げることに。
楽しみにしていた寿司欲に負ける。
逆算すると高天原温泉経由はしんどいので今後は黒部五郎岳〜折立のコースに決定。
2日目は黒部のテン場で幕営すれば明日の下山に間に合うので祖父岳〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒部小舎を歩くことに
 
wander&toriペアも誘ってみたが「ピークは踏めない」の一言でお断りを受ける。強い信念を感じた。
2人とは折立での待ち合わせを約束し、ここでお別れ。
a0112448_0114095.jpg


さあ出発。
a0112448_0122470.jpg

a0112448_1053682.jpg



祖父岳 360°の展望が素晴らしい
a0112448_0222731.jpg


鷲羽岳からは表銀座や北鎌尾根がくっきり見える
a0112448_0231779.jpg


三俣蓮華手前 迫り来る巨大な雲
a0112448_0243936.jpg

a0112448_0251393.jpg


三俣蓮華岳の先はガスの中、やはり気分はよくない。
a0112448_0262697.jpg


1630黒部小舎テン場 視界は悪いが雰囲気は良い。
a0112448_02774.jpg

a0112448_0272567.jpg



就寝環境
 
Sixmoondesign/Gatewoodcape
Golite/Ultra20
mont-bell/ブリーズドライテックシュラフカバー
リッジレスト120
 
 
この日は5°くらいだった。
昨晩はキルトの隙間から入る冷気が辛かったのでシュラフカバーを着用した。
熱がこもり、あたたかく眠れた。
結露有。天井が低く寝返りを打つと雫が付く。うっとうしい。

2100就寝
[PR]
by mt_hanter | 2009-10-02 00:28 | hike
0920-22 雲ノ平
9月だというのに山は紅に色づき始め、しっかりと季節の変化を感じさせてくれた。
a0112448_075868.jpg


折立からは沢山の登山客。シーズン最後の大型連休を物語っていた。
登山口でやな先輩との奇跡(ではなく確信的な)の再会を果たす。先に登り始めるが疾風のごとく走り去って行った。
今冬イチオシのラッセル候補発見の瞬間

気持ちが良くなる景色が続く
a0112448_083829.jpg


太郎平 ここまでCTの半分で到達。調子よし。
a0112448_09573.jpg


薬師沢小屋
a0112448_0125834.jpg


相変わらず汗は溢れ出てくるが、冷たい空気が心地よく不快感を感じさせない。ぴーかん照りも気にならない。
a0112448_0133469.jpg


1530 雲の平テン場  真ん中にいる方がラッセル候補者のやな先輩
a0112448_0171524.jpg


その後、wanderさん、toriさんと合流。
楽しい夜のはじまりはじまり…
a0112448_0332464.jpg

[PR]
by mt_hanter | 2009-10-01 00:33 | hike