クライミングにココロ奪われる今日この頃
a0112448_155238.jpg
ハマっています
ホントはロープがやりたんだけど、平日はビレイ相手がいないからボルダリングでカラダつくり!なんて思っていたらボルダリングにもハマりました。現在週7筋肉痛。

きっかけはこの前のPUMP2。完全にスイッチが入った。

リードもやりたかったけどロープの貸出は安全上の問題でやってない。こりゃポチるしかねぇ!ってことで他のクライミング用具も含めいろいろと物色中。
ここ2,3日クライミングギアをカートに入れては出したり、出しては入れたりの繰り返し。










いま欲しいもの

まずハーネス。無難にBlack Diamondのハーネスにしようと思いつつもアークのハーネスが頭から離れない。アーク製品はすごいコンパクトになるみたい。おまけに沢でもアイスでも使えそう。アノ方も『アーク以外ありえないっしょ』と大絶賛。仕事帰りに行くにはもってこいのメリットなんですよね。
で、コレにしようかなと

Arcteryx/R-320
a0112448_1582324.jpg

やはり命を預けるギアになりますので耐久性に優れたモノがいいですよね。なので最軽量のハーネスはパス。
アイスクライミングはやる予定がないのでレッグループの調節も特に必要ないと思います。




続いてロープ。コレに関しては全く知識がない上に各社いろいろなロープがありすぎて混乱している。
使えやすい長さは? 初心者は10.5mm? ドライコーティングはマスト? 調べていくうちに疑問がドンドン増えていく。
で、会社の近くあるマムートshopの店員さんにアレコレ教えて頂いているうちに ”ロープはマムート!“ と吹き込まれる。しかし満更でもなくwebでの評判もいいんですよね。もともとロープ屋ってところにも説得力あるし。
で、候補はこちら

Mammut Eiger 10.5mm x 60m Rope
a0112448_1592475.jpg

10.5mm×60mでコーテング加工なし。
ジムや天気の良い日に外で使う分にはコーティングがなくてもOKみたいです。安い!!






Mammut Matterhorn 10.2mm x 60m Dry Rope
a0112448_20106.jpg

Eigerより径は少し細くなるがトップロープにも使えるとの事。
リード中心のクライミングなら軽い方がいいらしいですよ。はいリードやった事ありませんが。
こちらはドライコーティングされています。なんでもロープは“砂、紫外線、水”から守る事が長持ちさせるのポイントみたいです。



スリング、カラビナ類も必要かな?エイト環は買わなきゃな。デイジーチェーンとかいるの??あぁ何をどれくらい買えばよいのかわからない…
ジムでやるならヌンチャクとか必要ないけど今後必要になると思うしいくつか買っておこっと。
あーヘルメットも買わなきゃ!!だよね??

余談なんですけど雑誌に載っているクライマーの皆さんってヘルメットしている人少なくないですか?あれはある意味「クライミングにはメット必要なし」って刷り込みですよ。そりゃプロの皆さんには必要ないと思いますが初心者の方が見たら勘違いすると思うんですよね。プライドがあるのも分かりますが、「いいから被っとけよ!」って思うのはワタシだけでしょうか。はいそうですか。で、最終確認。ヘルメットって必要なんですよね??



a0112448_254167.jpg
そしてクラッシュパッド。コレに関しては大きいし嵩張るので現地レンタルで凌ぎたいところ。あんなデカいの持って電車移動とか考えられない。
でも御岳周辺でパッドのレンタルやっているお店って週末借りれないんです。朝イチで全部なくなってしまうらしい。買うしかないんすか…

ORGANICのクラッシュパッドはハンドメイドなのがいいですね。多少のわがままオーダーなら受けてくれるのかしら?
クライミングジムに時々置いてあるけど日本の代理店はないみたい。
送料いくらかかるんだろ?あぁチョークバックも欲しいよ。






てことで今週末はいよいよロープクライミング外岩デビュー@広沢寺
楽しみなのやら恐ろしいのやら…
[PR]
by mt_hanter | 2009-10-23 02:06 | climb


<< 1017-18 ふもとっぱらCAMP 雲ノ平 #3 >>