Integral Designs / Sil Poncho
Sil Poncho

5×8ft
252g(サック込)
a0112448_192760.jpg

天気予報に関わらず山には持ってきたいレインウェア。
しかし結果的に必要なかったなんて事は多いと思う。

前回の山行でも降水確率が低かったにも関わらずGOREのシェル上下を持っていき、結局、お荷物のまま終わった。
なので天候的に使用確率の低いギアはできるだけ軽量化したい。という事でシルポンチョ導入。
購入時にID/シルケープ(150g)と迷ったが、屋根になるというメリットが“100gの差”に勝り、こちらに軍配が上がった。

広げると5×8ftのタープ。これにフードやらタイアウトやらボタンやらが付いている
a0112448_1931282.jpg

ポンチョして使用するには、まずフード(ドローコード有)を被り、左右のホタンを2カ所ずつ止めるとポンチョになる。
丈が長いな〜。183cmの私でも膝下くらいまである。でもザックの上から被る事を考慮すればそうでもないのか…??などと思っているうちに、ポンチョ下部にあるタイアウトを左右のボタンに挟んでしまえば、捲り上げる感じになってしまうが丈が短くなった。
下や横からの通気は良さげなので、あまり蒸れそうにない。
なるほど…結構いいかもしれない!


降水確率が低い時のレインウェアとして導入するので、雨天時の使用よりもタープ使いとしての出番が多くなるだろう。
a0112448_1941149.jpg

そこで気になるのがID/シルタープとの相違点

・中央にタイアウトが無い
・張った時にフード部分が屋根の頂上真ん中に位置するので邪魔(レインウェアなのだからしょうがない)

この2点は気がかり。
フード部分はドローコードをぐるぐる巻きにすれば幾分コンパクトになる。
中央にタイアウトが無い分、張り方が制限されてしまうが十分実用できるだろう(と思う)。


シームもフード回りとタイアウトでくらいでOKかな。レインウェアだけにここはしっかりやらないと!!
[PR]
by mt_hanter | 2009-05-15 19:45 | gear


<< A&F / Titanium mug CocaCola 850ml ... >>