石尊稜その2
a0112448_20174248.jpg

2日目
行動開始は10時頃だったか…もうよく覚えてね(汗
取り付きがよく分からす… 感を頼りに突き進む。
a0112448_20181546.jpg

大同心かっけー。来年ね来年。
なんて言ってたら早速間違えました。シリセーーーード!!!!!!
a0112448_20185389.jpg

どうにかこうにか取り付きっぽい所に到着。すでに13時前
とりあえずロープなしで 油断すると下までゴロゴロ系な所です。
慎重に歩を進める。
a0112448_20195231.jpg
a0112448_2020060.jpg

晴れてきた
a0112448_20202981.jpg


ここからはロープの出番。
a0112448_20212911.jpg

ゴツゴツした細尾根を登って行く。トップはワンダさんで僕はビレイ。
ハーケン、ピトン等の支点がないので木にヌンチャクをくくり付けていくのだが、慣れていない+分厚いグローブが原因で難儀しているようだ。その間にもカラダはどんどん冷えていく。
おまけにワンダさんが進むに連れて声が聞き取りにくくなる。これがアルパインか…

色々考えている内に登攀開始。カラダに火を入れるべく必死に登る。ヌンチャク回収。登る。
ザックに外付けしてるリッジレストがすごく邪魔。次回は止めよう。
ツルベ式なのでワンダさんを追い越し、先に進む。20mくらい進んだ所でセルフビレイ。
で、ワンダーさんのビレイをするが声は聴こえねーわATCが効きすぎるわで難儀しました。
ワンダーさんが登ってきた時にはウデがパンパン。まー暖まったけど。
a0112448_20403340.jpg


で、3ピッチ目…だが支点になるような所も分からない。しかも険しい。滑ったらサヨナラな感じ
その間にも吹雪が強まる。手足が冷える。寒い。
「次は来年なんだよな」とか色々な葛藤と戦いながら、なくなく撤退決定(ウソ)
a0112448_2046390.jpg


とっとと懸垂。さー帰るぞ
a0112448_20464414.jpg


という感じに敗退しました。
[PR]
by mt_hanter | 2010-04-18 20:49 | climb


<< 0410-11甲武信ヶ岳 アルパインデビュー@石尊稜 >>